メインイメージ画像

採用する業者の比較と検討

引越し業者によって様々なサービスや価格の違いが存在します。現在の貸事務所を移転するなら、どこの業者を採用するか比較検討しましょう。賃貸事務所の引っ越しには大変多岐にわたる作業と多額の費用が出てきますから、移転業者の比較は非常に肝心になってきます。まずは複数の引っ越し業者に移転の概要を伝えて、見積もりの依頼を出すことが始めの第一歩です。業者によってどんな内容まで対応が可能なのか、また、コストも随分上下するため、業者ごとに合計でいくら必要か比較検討するのです。更に、見積もり依頼のやりとりの際、回答の早さも見ておくと良いでしょう。

事務所の配線工事を実施するのに注意すべきなのは、契約開始後にしか工事ができないという点でしょう。言い換えると、契約した後、各種工事が済むまではその事務所を使うことができない期間がでてしまうのです。ですから、事務所の工事が完了するまでの間、今使っている事務所と新しい事務所の家賃をダブルで支払わなければいけないので、大きなコストになります。これを避けるには、フリーレントと言って、賃貸期間開始から数ヶ月間は賃料無料というビルを選ぶと二重に支払を回避できます。事務所を借りる時極めて重視すべきはその立地の条件と理解しておいて良いです。

イメージ画像

新しい場所で経営をする時、はじめにカスタマーを増やしていくことが重要課題ですよね。そのため、多くの人の視線を集め、交通のアクセスが良い立地の場合、新たなお客様をより獲得しやすいと言えるでしょう。そして、事務所の住所や最寄り駅によって、企業の印象も変えることができます。これを利用すれば、HP経由でお客様を集めたい時にも効果を発揮するでしょう。大きな負担にならない家賃の範囲でなるだけ好ましい立地を探すと良いでしょう。

事務所に入居している会社が契約更新をする前に、注意点をみてみましょう。もし引き続き入居をしたい場合、前もって自動更新なのか、更新の書類提出が必須なのかチェックしておきましょう。契約更新では普通、その月の家賃とは別に更新料や保証料が発生します。契約内容によるでしょうか、約2ヶ月程度の賃貸料の金額である場合が一般的です。また、契約更新時には次回の更新までの期間の賃貸料の額の変更がオーナーに認められているので、賃料の変更がないか押さえておくようにしましょう。

更新情報