メインイメージ画像

貸事務所契約の際に提供される様々なサービス

色々な貸事務所を比較して絞っていく選び方をしていると、様々なサービスが提供されているのに気づくと思います。また、それらサービスの内容は、比較の場面で、賃料やエリアといったものに負けるとも劣らないほどの大きなポイントになり得ます。ポピュラーなサービスはレンタルサービスでしょう。これは以前からあるオフィス家具はもちろん、パソコン関係、電話というものが代表的なレンタルですが、最近では、秘書や受付、電話応対といった人的サービスを受けることが可能だということです。事務所を探すなら、何と言っても築浅の物件にすべきでしょう。

  • 賃貸事務所の敷金について - 財務・会計・経理 - 教えて!goo
  • 築浅の事務所は、防災設備や防犯の面でも高機能の設備が使われていますし、共有部分の構造も高性能で大変使いやすいです。ワーカーにとって仕事しやすい点は勿論ですが、取引先にとっても快適で明るい印象を与えることが可能です。建物のイメージは多かれ少なかれ会社のイメージも左右してしまうためです。家賃はやはり少し高くなってしまいますが、成長性がある企業が入居していることが多く、活気がある事務所となるでしょう。事務所の契約の時に注意すべき点を考えてみませんか?案外忘れてしまいやすいのが、入居する事務所を決めたら、まずはじめに会社概要を開示し、自社の審査が行われるということです。

    イメージ画像

    無事調査を済ませたら、次は契約手続きに移るのですが、事務所の契約時には、いくつか費用が発生します。敷金・保険料など家賃の大体数カ月分の費用です。また、オーナーによっては内装施工の下請会社を指定している場合があるので事前に確認しましょう。事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。

    昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

    更新情報