メインイメージ画像

貸事務所を移転してランニングコストを削減出来る

ランニングコストの削減は、貸事務所の移転によって可能になることをご存知ですか。賃貸事務所は、賃料、管理費、共益費、保証料、更新費と、事業を運営する際に大きな販管費になります。長期的に見てみると、できるだけ早く安い賃貸事務所に移転するのが費用削減できる場合も多々あります。現時点で、不要なスペースが余っていないか、さらに賃借料が安価な場所に移転できないか再考してみましょう。移転コストですが、近年は居抜きオフィスや備品が備わった物件もありますから、低コストで抑える方法も可能でしょう。

イメージ画像

事務所を移転するのに必要な諸経費について整理してみましょう。どのような事務所に移転するにしても、ほぼ必ず掛かるコストとそうでない経費があります。必ず生じるコストとは、保証金や管理費、仲介料など、契約がまとまったら賃借料の大体数月分を支払う必要があります。一方、必ずしも生じないコストとしては、レイアウト工事や回線など、ビルの改装についての費用が代表的です。建物の改装については、経費を割いて全面的に手を加えるのか、既存のレイアウトを活用してコストダウンを狙うのかは自分たち次第となります。

事務所に入居する時の初期費用にはどんなコストがあるか見てみましょう。敷金や礼金、頭金・仲介料手数料などは一般の住居用の賃貸物件と同様です。事務所に特徴的な費用としては、同じビルの他の入居者ビルの所有者に損害を与えた場合に保障する保険や賃料滞納に対する賃貸保証の費用が主に考えられます。他に、社名や住所の看板など、外装を付け替える場合にはその外装費用も見込んでおきましょう。物件の大家によっては工事請負先が特定の業者に限定されていたりするので留意しましょう。

事務所を借りる前に、建物の耐震性をチェックしておくのが大切です。この先大地震が起こる事態に備えて、高い耐震性が必要不可欠です。耐震基準を定める建築基準法は過去何度か改正が実施されていますから、どの改正の法律に則っているのか確認することが必要です。ここ最近、地震対策に関連して一般的な意識が高まっていますから、どんな業者でも耐震性能が高いという点を重視して賃貸物件の紹介を積極的にしているのです。安全面は何を差し置いても優先されるものですから、妥協のない事務所探しをするのが賢明です。

更新情報