メインイメージ画像

賃料の件は最も大事な点の一つ

短期間のみ貸事務所を契約する場合のポイントで、賃料は最も大事な点のひとつでしょう。賃料は言うまでもなく、住所に関係し、皆が知っていたり若者で溢れているショップがあるところは賃料もまたたく間に高額になってしまいますよね。賃料を少しでも低くさせるには、話題のスポットからちょっと距離を置いたエリアのビルを探すのです。可能ならば、人気のエリアと同じ路線上の駅の中で決めるのが良いでしょう。ちょっとくらい遠くなっても所要時間はそうは違ってきませんが、賃料は低くなることが多いはずです。

事務所をお探しなら、とにかく築浅の賃貸物件がおすすめできます。築浅の事務所は、防災やセキュリティシステムの面で高性能のファシリティが使われていますし、共有スペースのシステムも最新型でかなり快適です。作業者にとってスムーズに業務できる点は当然の事、ゲストにとっても快適で先進的な印象をインプットすることが可能なのです。ビル全体の雰囲気というのは多かれ少なかれ企業のイメージを左右してしまうからです。家賃はやや高くなってしまいますが、成長途上の会社が借りていることが多く、活気あふれる職場になりそうですね。

イメージ画像

事務所を使っていて更新時期を初めてする場合のチェック項目をまとめてみましょう。もしも引き続き入居をしたい場合、前もって自動更新なのか、更新の申請が必要なのかを問い合わせておきましょう。更新の時には普通、その月の賃貸料とは別個に更新料や保証料の費用が生じます。契約内容によって異なりますが、大体2ヶ月程度の家賃の額であるケースが殆どです。さらに、契約更新のタイミングでは次の更新までの期間の賃借料の額の変更が認められているため、賃料が変わっていないかチェックしておきましょう。

事務所の配線工事を施工するのに注意すべきなのは、契約完了後でなければ工事開始できないというところです。言い換えると、契約した後、配線工事が済むまではその事務所では仕事が出来ない期間があるのです。ですので、事務所の工事が終わるまでの間、旧事務所と新しい事務所の賃借料を共に払わなければならないため、大きな負担になります。これを避けたいなら、フリーレントと言って、賃貸期間開始から数ヶ月間は賃貸料無料という物件を見つけると二重に支払をせずに済むのです。

更新情報