メインイメージ画像

貸事務所を借りるには目的別に決める手法がお薦め

イメージ画像

それぞれに合った目的別に貸事務所を決定する手法がおすすめです。業務の目的別に、最速のネット設備が必要だったり、デザイナーズマンションの特徴的ななおしゃれな空間が好ましかったり、マイクロビジネスのため賃料の安さが最優先だったりと求められる部分が千差万別ですよね。ですから目的を基準にして物件探しを始めれば山ほどある件数の賃貸物件からテンポよく物件選びができるのです。事務所のタイプが定まったら、立地やランニングコストなど実際的な条件でさらに絞っていくと効率的です。事務所に移転する場合は、見積り比較を絶対にしておきましょう。

事務所を契約するなら、敷金・礼金や仲介手数料などのほかにも、エクステリアの内装に関する施工、ネット回線の移設など大きな工事も生じるでしょう。従って、どの工事下請業者を起用するか次第では初期費用に大きな違いが出るわけです。複数の業者に対して見積依頼をしたら、料金面と工事内容の面を検討し、一番良い工事会社に発注をするのが良いでしょう。建物の大家により指定工事業者があるため予め確認しましょう。事務所の引越をする時の気をつけるべき点をおさらいしてみましょう。

事務所の引っ越しで特に注力が必要なのは日程の管理といえるでしょう。事務所の引越には取るべきアクションが山ほどあります。新規事務所探しから始まり、レイアウトの検討、内装工事、電話回線の移設、リース関連、得意先への連絡、社内の印刷物の変更、住所変更手続き、移設業者との調整など大きなイベントになります。何か一つでも日程通りに進まないとその他のアクションに遅延が出てくるため、前広に引越を進めるのが安全です。事務所を借りるなら、貸し会議室も併せて活用すると費用カットできます。

事務所にミーティングルームがあれば一番良いのですが、使わない時間も結構長いですよね。そのために高い賃料を払い続けるのはもったいないでしょう。そんな時は、貸し会議室を利用すると費用が削減できるでしょう。貸し会議室にはひと通りの来客や仕事に使うOA機器やネット回線が備え付けてあり、更に短時間から、事務所より断然安く借りられます。使う時間だけ貸し会議室を使えば大きな費用カットが実現します。

更新情報