メインイメージ画像

耐震性能が優れた事務所に注目

イメージ画像

目的に合った貸事務所の選択には迷ってしまいますよね。貸事務所を選ぶなら、耐震性能が優れた事務所に注目するようにすると良いでしょう。近頃の防災意識が高まっていることもあり、命にかかわる耐震建物は賃貸事務所といえども当然最も必要とされるものです。しかも、ある程度のビジネス街であれば高層ビルが密集して建てられ、交通機関の麻痺によるパニックも予想され、震災発生によるリスクはより甚大です。万が一の時のためのセーフティネットとしてさらに、自分たちの信用性を高めるためにも耐震性の高い事務所を選ぶということはかなり優先度が高いと考えられます。

  • 1階と2階が別々の借主の場合、賃貸事務所の内階段について
  • 事務所に入居する時の最初の費用には何があるか見てみましょう。敷金や礼金、仲介費用などは通常の住居用の賃貸と変わりません。事務所ならではの費用としては、同じビルの他の入居者建物の所有者に損害を与えたケースに備える賠償保険や家賃滞納に備える賃貸保証に関する費用が主に考えられます。さらに、社名の看板など、エクステリアを変える必要がある場合にはその工事費用も見込んでおきましょう。オーナーによっては工事の発注先が指定されているので留意しましょう。

    事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。

    幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。事務所のレイアウトを決める際、どんな点に着目したら良いか考えてみましょう。事務所に常駐するスタッフの数やオフィス家具のボリュームは勿論、顧客の来社は多いか、会議スペースはどれくらい欲しいのか、向後社員を増やす経営計画を考えているのか、何年位の期間使いそうなのかも予め考えておきましょう。工事業者では坪数と社員数をもとにレイアウトのひな形を沢山用意していますから、御社の希望がある程度整理できたら一旦相談してみたらよりよい案がもらえるのでおすすめです。

    更新情報