メインイメージ画像

複数のエリアを比較するなら重要になってくるエリア

何個もの貸事務所を比較する選び方を行うときは、必ずエリアを重視するべきです。エリアに重点を置く理由はいくつかあるでしょうが、多数の人は土地の評価や値段を気にします。もちろん、土地の値段はその通りに家賃に反映されるはずなので、外せない点ではありますし、評判の良いエリアだとしたら名刺や封筒にアドレスを刷るのも嬉しいでしょう。ところが、さらに気を使ってみるべきポイントが、そのエリアにどれだけの客が存在するか、ということではないでしょうか。さらに、客が出向きやすいように交通アクセスが分かりにくくないかも重要な点です。事務所に移転するなら、見積り比較は事前に必ずすると良いでしょう。

イメージ画像

事務所を借りるには、敷金や手数料などのほかにも、レイアウト変更や内装変更の工事施工、ネット回線の移設など大変な工事も生じるでしょう。ですから、どの業者を使うかにより引っ越し費用にかなりの違いが出てしまうでしょう。何社かの業者へ見積りを依頼し、コストと工事内容の面を吟味して、最も良い工事会社に施工依頼をするとベストでしょう。建物の大家により指定工事業者があるため先に確認しておきましょう。事務所を借りるなら、貸し会議室を併せて使うとコストダウンできます。

事務所にミーティングスペースがあるのがいいのですが、使用しない時間も多いですよね。利用頻度の低いスペースに高いコストを払い続けるのはあまり好ましくないでしょう。そんな場合は、貸し会議室を使ってみるとコストダウンにつながるでしょう。貸し会議室には通常会議や作業に利用されるOA機器やインターネット回線が完備で、更に1時間という短時間から、広い事務所よりもずっと低価格で借りることができます。必要な時間にのみ貸し会議室を活用すれば大きなコストダウンが実現します。

事務所にかかるイニシャル費用には何があるか考えてみましょう。礼金や敷金、仲介費用などの費用は住居用賃貸物件と同じですね。事務所独特の費用には同じビルの他のテナントや建物の所有者に損害を与えた場合を対象とする賠償保険や家賃滞納に関する賃貸保証のコストが主に考えられます。さらに、会社名の看板など、エクステリアを取り付ける場合にはその工事コストもかかります。オーナーによっては請負業者が決まっていることがあるので確認しておきましょう。

更新情報